ホーム公認心理師とは?

心理師とは?

公認心理師は日本初の心理職の国家資格です。
立正大学心理学部では2018年度から公認心理師の養成を開始しました。

公認心理師の仕事について

公認心理師法第2条により、仕事の内容が次のように定められています。

  • 心理に関する支援を要する者の心理状態の観察、その結果を分析。
  • 心理に関する支援を要する者に対するその心理に関する相談及び助言、指導その他の援助。
  • 心理に関する支援を要する者の関係者に対する相談及び助言、指導その他の援助。
  • 心の健康に関する知識の普及を図るための教育及び情報の提供。

公認心理師は、医療・保険、教育、産業・労働、司法・犯罪、福祉などの幅広い分野で活躍できる専門職です。

公認心理師とは?

公認心理師になるためのルートについて

公認心理師になるためには、受験資格を取得した後に、国家試験に合格して、公認心理師として登録することが必要です。 立正大学大学院心理学研究科臨床心理学専攻には、公認心理師になるために必要な科目が用意されているため、大学院に進学して受験資格を得ることが可能です。

公認心理師資格 登録までのフロー

受験資格取得

4年制大学
指定科目を履修して卒業する
大学院
指定科目を履修して修了する
特定の施設
2年以上の実務経験をする
2020年1月現在、文部科学大臣及び厚生労働大臣が認定した施設は全国に5つしかないため、メインルートは大学院とされています。

受験

公認心理師試験

合格

登録

公認心理師資格

PAGETOP