ホーム研究活動:心理学研究所

社会の心理的諸問題に取り組んでいます

研究所長 川名好裕 教授

研究所長現代社会はストレス社会とも言われます。人々の価値観は多様になり、同一の事実に対して異なる感じ方、考え方をするようになり、葛藤を生じやすい一方、社会の進歩は加速しており、世代間の価値観や物の見方、感じ方の相違も従来に比し、遥かに乖離が深まりつつあります。そのような中、心理学的アプローチに期待されることは多く、心理学研究所は、そのような要請に答えるべく、心理学的問題に対し多彩なアプローチをしてまいりました。
心理学研究所は、立正大学心理学部発足と同時に設立され、臨床心理学、基礎・応用心理学、など広範囲の心理学関連領域の研究者で構成されております。構成員の研究領域は、学校心理学、障害者心理学、発達障害心理学、認知行動心理学、福祉心理学、発達心理学、被災者心理学、産業心理学、催眠心理学、基礎心理学、社会心理学、対人心理学、感性心理学、教育学など広い範囲に及んでいます。
個々人の研究のみならず領域に制約されない共同研究により、研究成果の社会への発信を行っています。現在では、構成員の研究成果が学内研究誌のみならず、学外の専門誌に向け発信される一方、構成員による公開講座など地域社会への貢献も様々に行われ、地域からの期待も高まっております。

心理学研究所の研究分野

1.臨床心理学領域
(学校臨床心理学、福祉心理学、認知行動心理学、軽度発達障害学、生涯発達心理学、発達臨床心理学、精神医学、被災者支援学、キャリア発達心理学、カウンセリング心理学、心理査定法など)
2.基礎・応用心理学、教育学領域
(基礎心理学、感性心理学など)
3.対人・社会心理学領域
(対人心理学、社会心理学など)
また、以上の3領域をクロスオーバーする次のような共同研究も行っています。
  • ・心理学部設置後の立正大学における教員養成等の課題
  • ・認知・行動-新たなるパースペクティブの探求-
  • ・被害者・被災者支援に関する研究
  • ・Work Life Balanceの国際的研究

PAGETOP