1. ホーム
  2. 心理学研究科紹介:研究科長メッセージ

研究科長メッセージ

立正大学大学院の心理学研究科では、現代社会に非常に要請度の高い高度な知識を有する専門家の養成を目指しています。その代表を務める山本誠一教授からのメッセージをご紹介します。

心理学研究科長 山本 誠一 教授「人がつながるために、あらためて人のこころを知る」

立正大学大学院心理学研究科の教育目標と構想

心理学研究科は、情報化社会の中で、あらためて人とこころの問題を中心にすえ、複雑化した諸問題に挑むべく、心理学の学びを深める場所です。修士課程では、心理学の研究・実践を実証的に行い、専門性を有する職業人としての自立を目指します。博士後期課程では、独創性を求めつつ、臨床心理学、対人・社会心理学、行動心理学などの最新の理論と実践につながる成果を目指します。広く人間理解に役立つ充実したカリキュラムを支える多彩な教授陣ですが、各人のキャリア展開に応じた指導も特色です。

臨床心理学専攻は、「臨床心理士」第1種指定校として、すでに医療・福祉・教育・産業等の臨床の第一線で活躍している人材を輩出しています。講義科目以外に本学付属の立正大学心理臨床センターにおける実習、また幅広い外部臨床機関での実習も用意されています。対人・社会心理学専攻では、広く社会・産業の領域における心理学の専門的スキルを持って活躍できる人材を養成します。応用心理学専攻では、認知・行動・教育心理学など基礎的・実証的な心理学研究に取り組みます。博士後期課程では様々な心理学の領域の高度な知識と実践を融合し、開拓的な研究を行うことができる研究者の育成を目指します。