ホーム立正大学の心理学部立正大学の心理学部:学部長挨拶

心理学部長 古屋 健

立正大学心理学部ホームページへようこそ

心理学部長 古屋 健

心理学は目に見えない心の世界に科学的にアプローチする学問です。心が関わる現象はすべて心理学の研究対象です。そのため,心理学の研究分野は実に多彩な専門領域に分かれています。立正大学心理学部ではそのような心理学の幅広い知識を学ぶだけでなく,特に社会的なニーズの高い2つの領域について専門的な教育・研究を行っています。

臨床心理学科では,心の問題で困っている人たちを援助するための知識と技能について教育・研究しています。心の問題で困っている人の中には,心理的な悩みや障がいのために自分自身が困っている人ばかりでなく,災害・犯罪・いじめ・虐待など,過酷な環境で心に傷を負った人,そのような人と身近に接して助けたいと思っている人なども含まれます。臨床心理学科では,そのような人たちの問題を深く理解でき,有効な支援を提供できるような人材の育成を目指しています。卒業生の多くが,臨床心理士を目指して大学院に進学するのも,この学科の特徴です。

もうひとつの対人・社会心理学科は,人と人,人と社会の関係と,そこで起こるさまざまな現象について教育・研究しています。人の社会性とは何か,対人関係にはどのような規則性があるのか,集団は人をどのように変えるのか,文化の違いはどこまで克服できるのか等々、その研究領域は多岐に渡ります。このような問題に関する知識だけでなく,社会調査の技法を学んだり,自らの社会的スキルを磨く授業がそろっているのもこの学科の特徴です。学習の成果として,卒業時には多くの方が社会調査士の資格を取得しています。

心理学部では,専門領域の第一線で活躍している教員スタッフを揃えています。教員との充実した時間の中で,心理学の世界に触れ,その素晴らしさを知っていただきたいと思います。

PAGETOP